外壁ができました

外壁の色、結構悩んだのですが、明るい感じのグレーにしました。

名前はグレーだけどほとんど白に近い感じ。

このくらいの色のほうが汚れが目立たないのかもと思って、この色に決めました。

外壁そのものは硬いコンクリートみたいな板だけれど、その下に透湿防水シートという水を防いで湿気を通してしまうというおりこうさんなすごい紙を敷いています。

本当に紙みたいなものでそんなことがでるのか、と、不思議に思っていましたが、実験キットがあって模型を見せてもらいました。

コップみたいなものに水を入れて、その紙でフタをしてポンプで空気を送り込むと水は漏れないのに空気の泡がぶくぶくと出てきます。

うまくいえないけれど・・・なんかすごかった。

このシートと内側からつめる断熱材とがキッチリと施工されると、壁の中を空気が通って乾燥した状態に保ってくれるんだそうです。

でもその施工方法がうまくいかないと、壁の中が結露してグラスウールという綿みたいな断熱材が湿気にあたって沈んでしまったりするそうなのですがそうなると断熱材の意味がなくなって壁の中がすかすかになっちゃうんだそうです。

しかも、一度湿気の入った断熱材は元通りになることはないので修理をしようとすると壁をはがないといけなくなるそうです。

それに放置しておくとカビが生えてアレルギーの元になったりするんだそうです。

怖いですね。

でも、大工さんに見せてもらったら、きちんと施工してくれていて大丈夫との太鼓判をもらいました。

お家ができたら見えなくなる部分を今の内にチェックできてよかった!と思いました。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。