この家で暮らして

まりちゃん、8ヶ月。勢力的に動くし食べる。掃除が大変。

やっぱりまりちゃんがこぼした食べ物や、べたべたの手であちこち触られると雑巾を持って追い掛け回したくなる、っていうかしてるな。

引越しをしてきて9ヶ月。この家での生活は毎日がどきどきわくわく。

おまけにまりちゃんもいるからたのしかったり驚いたりだけど。

最近、大分の中古マンションに住んでいる友人が遊びに来てくれたりもするのも楽しい。

はいはいをはじめたまりちゃんが怪我をしないように今はなるべく空間を狭く切って遊ぶスペースを作ってるんだけど、すぐにいろんなところをクリアしてくれるから毎日がいたちごっこ・・・。

新しい家はもちろん居心地がいいけれど、なんと言ってもキッチンが広くて嬉しい。

対面キッチンにしたけれど、これも私が寂しくないからよかった。

でも、実際、私がキッチンで洗い物をしていると、テレビが聞こえにくかったりするらしいから音は響いてしまうみたい。

東京の品川区で不動産物件で土地を探して、一戸建てを建てた友達は対面キッチンにダイニングの上を吹き抜けにしたから家中に食事のにおいが回ってしまうらしい。

「ごはんよ~」っていうのをしたかったんだけどな、って残念そうだった。

でも、「今日のご飯はなんだろう」っておいしそうなにおいを嗅ぎながら楽しみにできるからよかったんじゃないかと思うんだけど。

人の家のことだから前向きにとらえられるけど、自分ちだったらそうはいかないんだろうな。吹き抜けはいいなと思っていたけど、冬の寒さや料理のにおい、そして音も結構響くとしたらそれをわかった上でつけないとあとから腹がたつかもしれないね。

だけどやっぱり素敵だよね、吹き抜け。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

暖房の効き方

賃貸住宅から引越しをしてきて一番感じることが冷暖房の効き方。

6月に引越しをしてきたときは寒かったり暑かったりだったから、ドライでエアコンをかけてたけど、真夏はやはり、冷房が必要だった。

特にまりちゃんが生まれてすぐは結構温度に気をつけていたんだけど、だんだん、あせもが気になりだして冷房に頼るようになった。

でも、日差しをさえぎるカーテンや日よけも上手に使って部屋の中を明るく保ちながら冷房生活をしていた。

冬になって、暖房を入れるようになったらとたんにリビング階段のところから冷たい風がおりてくるのがわかった。

冷房も暖房も賃貸のときに比べて広くなったせいか、いままでより余計に使っている気がする。

そして、寒くなってからのほうがなかなか温まらなくて困ると思う。山形で住宅を建てた友人の話を聞くと、「吹き抜けを作ったのが寒かった」って。

どんどん暖房が逃げていくらしい。そしてそれをとめられないらしい。ふたをするわけにはいかないからね。

リビング階段にも同じことが言えるということだろうか。

暖かい空気は高いところにたまるのでどんどん暖かい空気が逃げていく。リビング階段を使って2階に上がっちゃうんだよね。

対処方法として、階段の入り口にロールスクリーンをつけて暖房を逃がさないようにした。暖房の利きがかなりよくなった。

吹き抜けは作ろうかと思ったけどやめてよかった。寒いのは苦手だもんね。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。