ニッチのある家

私が最初にニッチと出会ったのが、一年前に建てられた親戚宅の住宅を訪れた時です。玄関入って正面の壁に飾り棚としてのニッチが設けられていました。これが玄関のアクセントとなり一番に目に入ってきました。オシャレな雑貨を飾ることで玄関の雰囲気を素敵にしていました。

このニッチの魅力は、壁の厚みを利用するので広々とした空間で利用することで、空間のアクセントとなり、また広さに限りのある空間でも設けることができることです。このニッチについて調べてみると、飾り棚としてだけでなく、収納スペースとしてや壁に取り付けるリモコンなどを収めるスペースとしても大活躍してくれるのです。

例えば、トイレなど広さに限りのある空間では、収納としてのニッチがいいのです。限られたスペースに置き型の収納アイテムを取り入れると、より圧迫感を与え、狭さを感じやすくなってしまいます。しかし壁厚を利用したニッチであれば、空間をスッキリと見せながらも、トイレで必要な物をしっかり収納しておけるので便利です。トイレットペーパーやサニタリー用品を収納するので生活感を感じやすいためニッチの前には扉を設けて、収納している物がしっかりと隠れるようにするのです。

またリビングの壁には設置するリモコンが多いです。インターホンモニターや給湯スイッチ、太陽光モニターなどこれらを壁に取り付けることでごちゃごちゃした印象を与えがちです。これらをスッキリと見せるにはニッチ内にこれらを収めることです。我が家には3か所ニッチを設けました。一つはリモコンニッチ兼飾り棚としてのニッチです。そしてもう一つは洗面室に小物を収納しておくニッチで、最後は本を整理するマガジンラックのニッチです。どれも壁の厚みを有効活用でき、空間をスッキリと見せてくれるので大満足しています。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

ニッチを取り入れた家

最近住宅にニッチを取り入れる人が増えてきました。
ニッチとは壁の厚みを利用して、飾り棚を設けたり、収納スペースを設けることです。
壁の厚みを利用するので空間に圧迫感を与えないのが最大の魅力です。

また広さに余裕がない空間ではこのニッチを取り入れ収納スペースを確保することで使いやすい空間にすることができるのです。階段や廊下などの通路は広さに限りがあります。
しかし何もないと殺風景になってしまいます。
そこでこのニッチを取り入れることで空間にアクセントを与えることができ、空間を華やかにしてくれるのです。
また空間に圧迫感を与えないので通路の妨げにもならないのです。
階段や廊下の壁に飾り棚を設ければ、肩にぶつかったりして邪魔に感じることもあります。

親戚宅の新築住宅には玄関ホールにこのニッチが取り入れられていました。
入って正面に設けられたニッチは玄関ホールのアクセントになり目を引く存在になっていました。これを見て我が家の新築住宅にもぜひこのニッチを取り入れたいなと思いました。

飾り棚としてのニッチもいいのですが、リモコンニッチを我が家には取り入れようと思っています。お風呂の給湯器やインターホンのモニター、太陽光のモニターなど壁に取り付けるものは多いです。
これらをニッチ内に収めることでスッキリとした印象を与えます。
またこれらは生活感を感じやすいアイテムでもあるのでニッチの前に扉をつけて隠せるようにしておこうと思います。

また広さに限りのあるトイレには飾り棚としてのニッチを設け、華やかな空間にしたいと思っています。
また洗面室には小物を収納できる収納機能のあるニッチを設けようと考えています。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。