腰壁のあるキッチン

最近一番人気のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。しかし我が家はあえてこの一番人気のキッチンスタイルにはしませんでした。それはフルオープンキッチンのデメリットに抵抗を感じたからです。デメリットとは調理中や調理後の片付いていないキッチンまでもリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。

片付いていれば見せるキッチンとして暮らしの中心的なスペースになるのですが、片付いていない汚れている状態も同時に見られてしまうのです。このような状態の時に限って急な来客者が来たりもします。キッチンの前に腰壁があることで片付いていないキッチンでもダイニングやリビングから見られることはありませんし、急な来客者でもしっかりと対応できます。

またこの腰壁を設けることでニッチを二か所設けることができました。キッチン側とダイニング側にそれぞれ一つづつ設けたニッチは、便利ですし空間を華やかにもしてくれます。キッチン側のニッチは実用性を重視しました。普段よく使用する調味料を入れるニッチです。作業スペースに並べがちな調味料をニッチ内に収めることで、作業スペースを有効的に使用できます。

またダイニング側のニッチは飾り棚としてのニッチです。食事をするダイニングのアクセントになり空間を華やかにしてくれます。お気に入りの雑貨を飾ったり、子どもの製作品を飾るニッチとして活躍中です。またこの腰壁にカウンターを設けました。パソコンをするスペースとして、子ども達のスタディコーナーとして、携帯を充電するスペースとして多目的に使用できるカウンターとなっています。キッチンに腰壁を設けるスタイルもいいものです。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

キッチン、入りました。

私がこだわって選んだキッチンが設置されました。

中に入って見せてもらいましたがやっぱりいい色。

鮮やかなオレンジ色にしました。

カタログで見ていたら、ちょっと明るすぎるかなと思ったのですが、本物はとてもかわいらしい明るさで料理をするのが楽しくなりそうです。

あとは私たちが気になるところを伝えて直してもらっていよいよ引渡しの日が見えてきました。

ここまでの道のりは長かったようで短かったようで・・・。

大分で注文住宅を建てると決めてから、嬉しいことも心配なことも数々ありました。

今は、まず、家が建つのが楽しみで、ローンの支払いが心配。

でも、それもうまくいくようにサラダホームの担当者がバックアップしてくれたから大丈夫、なはず。

サラダホームで「家は建てたら終わりではなく、建ってからが本当のお付き合いの始まり」

と言われてその言葉にぐっと来ました。

私たちは新築の住宅を手に入れる代わりに高額な住宅ローンを組んで、35年間も払い続けます。

なのに肝心のお家がすぐにダメになってしまったら、どうしたらいいのかわからなくなってしまいそう。

だけど、建ててからが本当のお付き合いと言ってもらったので安心して家造りを任せようと思いました。

みんな住宅会社を選ぶきっかけはいろいろあると思うし満足していたらそれでいいと思うんだけど、私はサラダホームに出会えて本当によかったと思ってます。

引渡しのあとはあまり皆さんと会えなくなってしまうのがさみしいと最近思っています。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。