家事専用スペース

最近、家事を専用で行う家事専用スペースが設けられることが多くなってきました。主婦にとって365日休みのない家事への負担を軽減するには、家事を行う環境をしっかりと整えておくことが大事です。

まずこの家事室が設けられるのは、家事動線で一番重要と言われているキッチンと洗面室を繋ぐ形で家事室が設けられることが多いです。ここに家事室を設けることで家事の効率が高められるのです。この家事室では、洗濯物を洗う、干す、たたむそして広さに余裕があればファミリークローゼットを設けて洗濯物をしまうという作業まで行えるようにしておくのです。同じスペースでこれらの家事が行えるので家事の効率が高まります。

洗濯物は毎日行う家事の一つです。毎日屋外に洗濯物を干せるとは限りません。雨の日や雪の日は室内干しがあると助かります。また夜洗濯をする家庭や、外出して帰宅が遅くなる時には室内干しの方がいいですし、花粉や大気汚染物質が多く飛来する日などは屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じてしまうものです。室内干しを家事室に設けておくことで、天候に左右されることなく洗濯が行えるのです。また洗濯をした場所から移動することなく干せるので家事の効率がグンと高まるのです。

ここにカウンターを設けておけば、乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりするのに最適のカウンターとなるのです。そして家族の衣類をここ一か所で管理するファミリークローゼットを設けておくと家事の時短の夢ではないのです。たたんだ衣類やアイロンがけした衣類をその場でしまえますし、入浴前の事前準備もしやすくなります。主婦が憧れる空間として家事室はこれからも人気を高めそうです。

This entry was posted on 月曜日, 9月 12th, 2016 at 2:36 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.