Archive for 4月, 2016

 

LDKにメリハリを

最近ではLDKの一体感を高めた造りが多く取り入れられています。今までは壁や建具でリビングとダイニングの間を区切ったり、キッチンに吊り戸棚を設けたりしていました。空間を細かく分けて利用することが多かったのですが、最近ではそれらの境にある壁や建具を取り除き、できるだけ一体感を高めた開放的な空間が求められるようになっています。一体感を高めることでより広さや明るさ、そして開放感を感じられます。また見通しがよくなるため家事と育児の両立も行いやすくなるのです。

しかし一体感を高めるあまりに、空間が間延びしてしまったり、空間のメリハリが損なわれてしまうこともあります。そこでLDKの一体感はそのままにそれぞれの空間を緩やかにゾーニングするとLDKにメリハリがうまれるのです。空間にメリハリがつくことで生活にもメリハリがつきやすくなります。そこで我が家はリビングとダイニングの境に木の面格子を設けました。壁で区切るのとは違い、奥の空間に視線が届くので圧迫感を感じません。視線を緩やかにカットしながらも明るさをしっかり通してくれるので、リビングとダイニングの繋がりも感じながら、食事をする場所とくつろぐ場所を区切ることができるのです。

この木の面格子がLDKのアクセントにもなっておりインテリア性にも高まっています。私の友人宅はリビングをダウンフロアにして空間を緩やかに区切っていました。リビングは家族が長時間過ごす大事な空間です。そこをダウンフロアにすればより広々と開放感が増し、居心地の良さも高まります。このように空間にメリハリをつけ、それぞれの居心地の良さをより高めるのもいいのではないでしょうか。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。