Archive for 3月, 2015

 

ニッチを取り入れた家

最近住宅にニッチを取り入れる人が増えてきました。
ニッチとは壁の厚みを利用して、飾り棚を設けたり、収納スペースを設けることです。
壁の厚みを利用するので空間に圧迫感を与えないのが最大の魅力です。

また広さに余裕がない空間ではこのニッチを取り入れ収納スペースを確保することで使いやすい空間にすることができるのです。階段や廊下などの通路は広さに限りがあります。
しかし何もないと殺風景になってしまいます。
そこでこのニッチを取り入れることで空間にアクセントを与えることができ、空間を華やかにしてくれるのです。
また空間に圧迫感を与えないので通路の妨げにもならないのです。
階段や廊下の壁に飾り棚を設ければ、肩にぶつかったりして邪魔に感じることもあります。

親戚宅の新築住宅には玄関ホールにこのニッチが取り入れられていました。
入って正面に設けられたニッチは玄関ホールのアクセントになり目を引く存在になっていました。これを見て我が家の新築住宅にもぜひこのニッチを取り入れたいなと思いました。

飾り棚としてのニッチもいいのですが、リモコンニッチを我が家には取り入れようと思っています。お風呂の給湯器やインターホンのモニター、太陽光のモニターなど壁に取り付けるものは多いです。
これらをニッチ内に収めることでスッキリとした印象を与えます。
またこれらは生活感を感じやすいアイテムでもあるのでニッチの前に扉をつけて隠せるようにしておこうと思います。

また広さに限りのあるトイレには飾り棚としてのニッチを設け、華やかな空間にしたいと思っています。
また洗面室には小物を収納できる収納機能のあるニッチを設けようと考えています。

Posted by かなえ under 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

リビング階段

最近多くの住宅で取り入れられているリビング階段。
我が家の新築住宅にもこのリビング階段を取り入れようと思っています。

リビング階段には魅力があると思います。
それは家族の繋がりをずっと感じられる家になるということです。
玄関近くに階段を設けていると、家族がいつ帰り、いつ外出したか分からないという日もあると思います。

子どもが思春期頃になると親の存在がうっとうしいと感じるようになります。
顔を合わせるのも会話をするのも嫌がるでしょう。
しかしリビング階段にしておくことで家族が顔を合わせる機会が増え、会話が生まれやすい環境になります。いつ帰って、いつ帰宅したか分からないという状況を避けることもできます。家族が顔を合わせることで親は子どもの変化に気づいてあげられやすくなります。
実際にリビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げるとも言われています。

しかしリビング階段にもデメリットがあります。
リビングにお客様が来ている時、家族はこのリビングを通らなければ二階に上がれないので、互いに気をつかってしまいます。
また階段を伝って二階からの冷気がリビングに流れこみ、足元がいつもひんやりしてしまうということもあるようです。寒さから体調を崩しやすくなるのです。
冷暖房効率もリビング階段にすることで下がるとも言われています。

しかし階段の前に扉を設けて冷気の流れ込みを阻止し、冷暖房効率を高めたりとしっかり対策を取ればいいのです。
お客様が来ている時は扉で仕切れるようにしておくなど対策を取ることでリビング階段の魅力を感じれる家になると思います。

Posted by かなえ under 新築, 設計 Tags:  •  コメントは受け付けていません。