Archive for the ‘収納’ Category

 

壁厚を活用しよう

家造りにおいて無駄なスペースを生まないのは鉄則です。そこで最近では壁の厚みさえも無駄にしない家造りが人気を高めています。壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースを確保するのです。これをニッチと言います。

このニッチは、柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともありますし、外壁面は断熱材入ることで設けられないこともありますが、有効に使える内壁面を利用して壁の厚みも無駄にしないようにしたいものです。我が家もこのニッチをできるだけ設けてもらいました。中でも気に入っているのがリビングに設けたリモコンニッチです。

照明スイッチや給湯スイッチ、太陽光モニターにインターホンモニターなど壁に取り付けなくてはいけないものが意外と多く、これが思いのほか存在感がありますし、生活感を与えてしまうのです。これらをニッチ内に収めることで、目立ちにくく、壁がスッキリとした印象になり生活感を感じさせにくくなります。前に扉を設けてより生活感を隠す家庭もあります。

我が家はリモコンニッチと飾り棚としてのニッチを同じ場所に設けています。雑貨を並べてリビングに華やかさをプラスできておりインテリア性を高めています。玄関ホール部分にはお客様用のスリッパラックのニッチを設けています。縦長に設けられたニッチ内に使用頻度の低いお客様用のスリッパを収納し、その前にミラー扉を設けているのでほこりをかぶる心配もありません。玄関ホール部分をスッキリとさせることができますし、お客様のスリッパにホコリがかぶらずいつでもサッと利用できます。ミラー扉にしたので家族が外出前に身だしなみをチェックするにも最適なのです。壁の厚みも無駄にできませんね。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

玄関収納

住まいの第一印象を決める大事な玄関は、「住まいの顔」とも言われるだけにスッキリと行き来がしやすく、そして清潔感を感じられる空間にしたいものです。それを実現するには玄関収納が大事なカギを握るのです。最近では当たり前のように設けられるシューズクロークですが、ただ靴や傘を収納するだけのスペースだけではなく、屋外で使用するものまでスッキリと片づけられる収納力や外出先で着ていた上着を一時置きできるコートクロークなど玄関周りに収納しておきたいものがしっかりと収められたシューズクロークを設けるといいのです。

そうすることで玄関部分に靴箱など余計なものを設置する必要がなくなり、スッキリと行き来のしやすい空間が広がるのです。シューズクローク内には可動オープン棚を設けます。家族の靴が大容量に収納できますし、どこにどの靴があるかが一目で分かります。オープン棚なので出し入れもしやすいのです。上部の手の届きにくい場所には使用頻度の低いものや靴の箱など整理しておくといいでしょう。

アウトドア用品や工具、子ども達の屋外用おもちゃの整理場所としても棚を有効に利用しましょう。そして土間収納スペースも必要です。ここにはベビーカーや三輪車、ゴルフ用品や子どもの部活用品など大きさのあるものもスッポリと収納できる広さがいいと思います。土間収納は、屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられるのであると便利です。玄関収納の収納力があることで玄関に靴や物がちらかりにくくなるのです。

一部分にコートクロークを設けたり、玄関の衛生面を考え、窓を設置して風通しを良くしたり、ニオイ対策としてナノイー発生機を設置したりこのような観点にも目を向けたいものです。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

隠す収納と見せる収納

収納には隠す収納と見せる収納の2パターンあります。隠す収納だけではどこか部屋が殺風景になってしまいます。見せる収納だらけでは部屋がごちゃごちゃしてそれはもはや収納ではなくなってしまいます。どちらも上手に活用させることで空間がスッキリと且つオシャレなインテリアとしても演出できるのです。

まず隠す収納は適材適所にある程度の広さの収納スペースを設けることが大切です。収納スペースが適材適所にあるだけでも生活のしやすさは格段に高まります。またできる限り広めのスペースを確保しておくと物が増えた時でも対応できるのでいいでしょう。隠す収納は生活感が出る物を収納するといいのです。

1階には掃除機など掃除用具を収納する収納庫は不可欠です。それとは別にリビングの脇にでも普段使うバックや、よく着る上着などをサッと収納するスペースがあると出かけやすく、また帰宅時もリビングに物が散乱せずに済みます

見せる収納で大事なことはインテリア性を損なわないことです。インテリア性を損なえばそれはただの物が溢れているという状態でしかないのです。例えばキッチンにおいては見せる収納を活用している人が多くいます。調理に使う鍋やお玉などの調理道具をフックにかけてきれいに陳列したり、お気に入りのお皿を棚に並べインテリアとして見せるように収納するのです。きれいに陳列してなおしておくことで必要以上の物を置かないようにも心掛けるようになるので、いらない物は捨て、いる物だけをキレイに収納する癖がついて一石二鳥だと思います。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

シューズクロークを充実させよう

玄関の横にシューズクロークを設けることが最近では当たり前のようになってきました。我が家は玄関スペースと同じ広さのシューズクロークを設けたほどです。シューズクロークを充実させることで玄関周りのものをスッキリと収納させることができ、玄関に靴や物が散らからずスッキリとした玄関が広がるのです。

シューズクロークには靴や傘を収納するのはもちろんのこと、外で使用する子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用品にゴルフ用品、アウトドア用品まで収納しておくと、便利です。それだけではなく、着ている上着を一時置きできるようにコートクロークを設ければ、リビングに上着が散らかることもなくなるのです。

私の友人宅にはシューズクローク内に手洗いスペースが設けられていました。帰宅して手洗い・うがいを行う習慣が身に付きやすく、また汚い手で室内を汚す心配もなくなります。我が家はシューズクロークの動線に注目しました。シューズクロークから室内へ入れるように動線を確保することで、お客様用のメインの玄関を、シューズクローク側の家族用玄関と動線を分けることができるのです。

このように動線を分けることでメインの玄関部分に靴や物が散らかりにくくなり、スッキリと美しい玄関を保てるのです。また室内へのスムーズな動線を確保することで旦那さんや子ども達まで靴や物をちゃんとシューズクローク内に片付け室内へ入るようになりました。このような習慣を身に付けるためにもシューズクロークの動線にこだわってみるのもいいと思います。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

収納を充実した家

住宅への不満の多くは収納と言われています。住まいを快適に保つには居住スペースに物が散らからないようにしておくことが第一です。そのために適材適所に広さに少し余裕のある収納スペースを確保しておくことが大事です。

最近では玄関横にはシューズクロークが設けられます。またキッチンにはパントリーが、階段下収納、寝室にはウォークインクローゼット、子ども部屋にもクローゼット、屋根裏スペースを活用してロフトを設けて収納スペースをしっかりと間取りに組みこみ確保しておくようにする人が多いです。

収納スペースの広さを決める際には、まず自分が持っている物を確認することがポイントです。収納する物に合わせて収納を設けると、サイズがピッタリで無駄な空間を生まず見た目にも美しくなります。収納する物の量を把握することで、必要な収納スペースの広さも分かります。その広さより少し余裕を持たせることで、ついつい買い込んだり、捨てられないものがあった時でも柔軟に対応できるのです。

最近では壁の厚みを利用したニッチ収納を取り入れる家庭も増えてきました。ニッチ収納は空間に圧迫感を与えることなく物を収納するスペースを確保できるので、広さに余裕のないスペースで有効的です。トイレなど広さに限りのあるスペースにこのニッチを取り入れれば、用を足すには全く支障なく、しかしトイレ内で必要な物をきちんとしまっておくことができるのです。住宅の満足度を高めるには収納をいかに上手に取り入れるかだと思います。

Posted by かなえ under 収納, 新築 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

リビングスペースの居住性

住まいを新築する時、思い通りの広さや環境などを確保することは難しいことです。限られた状況の中で、できるだけ居住性を上げていくためには、単に広さを確保するだけではうまくいきません。
例えば、LDKについても、家族がゆったり過ごすことができるようにするために、構造に影響を与えない壁を取り除き、ワンフロアにして、広々と使うようにします。しかし、家族の生活が始まると、モノが溢れてきます。それらによって、本来の広さが損なわれていきます。住まいを広々と使っていくためには、収納というのが大きくクローズアップされていきます。

私の友人が住まいを新築した時、交通アクセスのよい市街地の住宅密集地ということもあり、思った通りの敷地面積を確保することは難しかったようです。しかし、モデルハウスを見に行ったり、工務店さんに相談したりして、工夫していくことにしました。家族が集い、食事をしたり、くつろいだりする空間としてのLDKについては、間仕切り壁をなくして、ワンフロアにしました。限られた広さの中ではありますが、思った以上に広々としました。

リビングスペースには、今まだ幼い子供たちが多くの時間を過ごしますから、いろいろなものが必要になります。幼稚園児の長女と長男のお絵かき道具、おもちゃ、絵本があります。生まれて4か月の次女のおもちゃや紙おむつなどがあります。そこで、北側の壁に天井までの壁面収納を設けてもらいました。
確かに、リビングスペースの中にこれだけの収納を確保すれば、室内はすっきり片付きます。

実際に、生活を始めると、小柄な彼女にとっては、高い位置にある収納には手が届かず、使いにくいことがわかりました。出し入れのことを考えて、背の高い収納でなく、腰高の収納を巡らせればよかったと反省しています。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

クローゼット

クローゼットはコートやワンピース、スーツなどを吊るして収納でき、取り出しやすく、簡単というイメージですが、より使いやすくい収納のポイントがあります。

服を吊るすときは、長さをそろえて、順番に吊るすと、下の空間が広く取れ、衣装箱などがたくさん入ります。

棚や引き出しはデッドスペースを作らないように、用途やサイズに合わせたものを選びましょう。扉の後ろや奥のほうも忘れずに。

上部の棚は、天袋と同じで踏み台が必要なので、取っ手のある収納箱や布ケースにまとめて、一定期間保存する季節物や思い出のものを入れましょう。シーズンオフの布団もここが良いです。奥は踏み台でも届きにくいですから、当分使わないものを入れます。

中心部は一番使いやすいですが、服を詰め込みすぎると湿気がたまるので、程々にします。扉の後ろは、出し入れしにくいですが、脇から出し入れできる棚やメッシュパネル等を置いて、有効に使いましょう。

下のほうは、小さくたためる衣類や、アイロン・子供のおもちゃなど、良く使うものを、出し入れしやすいキャスター付きの収納用品にいれると、奥のものを出すときに便利です。奥のほうは、吊るした衣類や手前のものに隠れて見えにくいので、あまり使わないものや、重たいものを入れます。

クローゼットの収納は、押入れと共通する部分がありますが、間口や広さは押入れのように一定していません。布団をしまうためのものが押入れで、ふすまで閉めます。洋服を掛けるハンガーパイプがあるのがクローゼットで、扉は折りたたみ式などが多いです。特徴を生かして上手に使いましょう。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。

目指せ!収納が充実した家

住宅への不満の多くは収納と言われています。収納スペースが少なく、部屋が物で溢れごちゃごちゃしていれば居心地の良さや快適性は得られません。収納スペースが広いだけでは収納の満足度は高められません。適材適所にある程度の収納力のある収納スペースを確保することが大切なのです。

例えばキッチンの吊戸棚。収納するスペースがあっても一番上の高い部分に置かれた物は手が届かず出し入れしにくいため、ほとんど機能していないという家庭も多いのではないでしょうか。目線の高さまで降りてくる機能性に優れた吊戸棚を設置することでこの問題を回避できます。

また洗面所やトイレはそんなに広い空間ではありません。しかし収納しておきたい物は多いものです。天井近くにまで収納スペースを設け無駄なスペースを造らないようにする人も多いです。収納スペースを設けると同時に上の物も取り出しやすいように下の部分に収納兼ステップ台を設けておくと手が届き便利です。

他には玄関スペース。最近ではシューズクロークを設ける家庭が多くなってきました。ただたくさんある靴を収納するのではなく、外で使用するアウトドア用品や家の中で収納しきれない大きな物などを保管しておくには最高の収納スペースと言えます。実際友人がシューズクロークにベビーカーや三輪車を収納しており、出かける際も帰ってきた際も出し入れがスムーズで、外に置いているよりも数段安心して保管できるのでこの広々としたシューズクロークを設けて正解だったと話していました。住宅の快適性・満足度を高めるには収納というのが一つのキーワードのような気がします。

Posted by かなえ under 収納 Tags:  •  コメントは受け付けていません。