壁厚を活用しよう

家造りにおいて無駄なスペースを生まないのは鉄則です。そこで最近では壁の厚みさえも無駄にしない家造りが人気を高めています。壁の厚みを利用して、壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースを確保するのです。これをニッチと言います。

このニッチは、柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともありますし、外壁面は断熱材入ることで設けられないこともありますが、有効に使える内壁面を利用して壁の厚みも無駄にしないようにしたいものです。我が家もこのニッチをできるだけ設けてもらいました。中でも気に入っているのがリビングに設けたリモコンニッチです。

照明スイッチや給湯スイッチ、太陽光モニターにインターホンモニターなど壁に取り付けなくてはいけないものが意外と多く、これが思いのほか存在感がありますし、生活感を与えてしまうのです。これらをニッチ内に収めることで、目立ちにくく、壁がスッキリとした印象になり生活感を感じさせにくくなります。前に扉を設けてより生活感を隠す家庭もあります。

我が家はリモコンニッチと飾り棚としてのニッチを同じ場所に設けています。雑貨を並べてリビングに華やかさをプラスできておりインテリア性を高めています。玄関ホール部分にはお客様用のスリッパラックのニッチを設けています。縦長に設けられたニッチ内に使用頻度の低いお客様用のスリッパを収納し、その前にミラー扉を設けているのでほこりをかぶる心配もありません。玄関ホール部分をスッキリとさせることができますし、お客様のスリッパにホコリがかぶらずいつでもサッと利用できます。ミラー扉にしたので家族が外出前に身だしなみをチェックするにも最適なのです。壁の厚みも無駄にできませんね。

玄関収納

住まいの第一印象を決める大事な玄関は、「住まいの顔」とも言われるだけにスッキリと行き来がしやすく、そして清潔感を感じられる空間にしたいものです。それを実現するには玄関収納が大事なカギを握るのです。最近では当たり前のように設けられるシューズクロークですが、ただ靴や傘を収納するだけのスペースだけではなく、屋外で使用するものまでスッキリと片づけられる収納力や外出先で着ていた上着を一時置きできるコートクロークなど玄関周りに収納しておきたいものがしっかりと収められたシューズクロークを設けるといいのです。

そうすることで玄関部分に靴箱など余計なものを設置する必要がなくなり、スッキリと行き来のしやすい空間が広がるのです。シューズクローク内には可動オープン棚を設けます。家族の靴が大容量に収納できますし、どこにどの靴があるかが一目で分かります。オープン棚なので出し入れもしやすいのです。上部の手の届きにくい場所には使用頻度の低いものや靴の箱など整理しておくといいでしょう。

アウトドア用品や工具、子ども達の屋外用おもちゃの整理場所としても棚を有効に利用しましょう。そして土間収納スペースも必要です。ここにはベビーカーや三輪車、ゴルフ用品や子どもの部活用品など大きさのあるものもスッポリと収納できる広さがいいと思います。土間収納は、屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられるのであると便利です。玄関収納の収納力があることで玄関に靴や物がちらかりにくくなるのです。

一部分にコートクロークを設けたり、玄関の衛生面を考え、窓を設置して風通しを良くしたり、ニオイ対策としてナノイー発生機を設置したりこのような観点にも目を向けたいものです。

和室のスタイル

和室のスタイルが多様化していると最近感じます。我が家は新築住宅を購入しました。中でも和室のあり方について一番頭を悩ませました。従来の和室は客間としての意味合いが強かったように思いますが、今はリビングの延長として普段使いできる和室が多いです。そしてその和室に遊び心を持たせている家庭が多いのです。

友人宅の和室は4.5畳です。和室の収納を吊り押入れにして、その下には明かり採りの窓を設置していました。明るさを採りこめることで4.5畳の和室なのですが、開放感がありスッキリとした印象を得ました。また親戚宅の和室は小上がりの和室にしており、そこに掘りごたつを設けていました。高齢者との同居ということで高齢者が暮らしやすく、また親しみ深い和室でした。高齢になってくると足腰が弱ってきます。膝が痛く正座ができないという高齢者も多いです。このような高齢者でも掘りこたつにすることで足をゆったりと伸ばしながら和室でゆっくりくつろげます。

また高さがあることで畳下に生まれるスペースを収納スペースとしても活用していました。収納がたくさんあることで暮らしやすく、満足度の高い家になることは言うまでもありません。和室の存在感が住宅に与える影響は大きいなと思います。普段使いでき、多目的で使用できる和室はこれらも益々求められるのではないでしょうか。時代のニーズに対応でき、家族構成やライフスタイルに合わせてピッタリの空間となる和室になるようにしたいものですね。

隠す収納と見せる収納

収納には隠す収納と見せる収納の2パターンあります。隠す収納だけではどこか部屋が殺風景になってしまいます。見せる収納だらけでは部屋がごちゃごちゃしてそれはもはや収納ではなくなってしまいます。どちらも上手に活用させることで空間がスッキリと且つオシャレなインテリアとしても演出できるのです。

まず隠す収納は適材適所にある程度の広さの収納スペースを設けることが大切です。収納スペースが適材適所にあるだけでも生活のしやすさは格段に高まります。またできる限り広めのスペースを確保しておくと物が増えた時でも対応できるのでいいでしょう。隠す収納は生活感が出る物を収納するといいのです。

1階には掃除機など掃除用具を収納する収納庫は不可欠です。それとは別にリビングの脇にでも普段使うバックや、よく着る上着などをサッと収納するスペースがあると出かけやすく、また帰宅時もリビングに物が散乱せずに済みます

見せる収納で大事なことはインテリア性を損なわないことです。インテリア性を損なえばそれはただの物が溢れているという状態でしかないのです。例えばキッチンにおいては見せる収納を活用している人が多くいます。調理に使う鍋やお玉などの調理道具をフックにかけてきれいに陳列したり、お気に入りのお皿を棚に並べインテリアとして見せるように収納するのです。きれいに陳列してなおしておくことで必要以上の物を置かないようにも心掛けるようになるので、いらない物は捨て、いる物だけをキレイに収納する癖がついて一石二鳥だと思います。

家事専用スペース

最近、家事を専用で行う家事専用スペースが設けられることが多くなってきました。主婦にとって365日休みのない家事への負担を軽減するには、家事を行う環境をしっかりと整えておくことが大事です。

まずこの家事室が設けられるのは、家事動線で一番重要と言われているキッチンと洗面室を繋ぐ形で家事室が設けられることが多いです。ここに家事室を設けることで家事の効率が高められるのです。この家事室では、洗濯物を洗う、干す、たたむそして広さに余裕があればファミリークローゼットを設けて洗濯物をしまうという作業まで行えるようにしておくのです。同じスペースでこれらの家事が行えるので家事の効率が高まります。

洗濯物は毎日行う家事の一つです。毎日屋外に洗濯物を干せるとは限りません。雨の日や雪の日は室内干しがあると助かります。また夜洗濯をする家庭や、外出して帰宅が遅くなる時には室内干しの方がいいですし、花粉や大気汚染物質が多く飛来する日などは屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じてしまうものです。室内干しを家事室に設けておくことで、天候に左右されることなく洗濯が行えるのです。また洗濯をした場所から移動することなく干せるので家事の効率がグンと高まるのです。

ここにカウンターを設けておけば、乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりするのに最適のカウンターとなるのです。そして家族の衣類をここ一か所で管理するファミリークローゼットを設けておくと家事の時短の夢ではないのです。たたんだ衣類やアイロンがけした衣類をその場でしまえますし、入浴前の事前準備もしやすくなります。主婦が憧れる空間として家事室はこれからも人気を高めそうです。

家族のコミュニケーションを大事にできる家

住宅で過ごす時間は、家族で過ごす時間を第一に考えてほしいと思います。子どもが小さい時は、何をするのも一緒で家族みんなで過ごす時間が当たり前のように流れていきます。しかし子どもが成長するにつれて、親と過ごす時間が次第に少なくなっていきます。しかし家で過ごす時間は家族のコミュニケーションを大事にできるようにしておきたいものです。そこで我が家は最近人気のリビング階段を採用したのです。

リビング階段は、家族の集まるリビングを必ず通らなければ、二階の部屋には行けません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作りだされ、家族のコミュニケーションも生まれやすくなるのです。親は子どもの表情を伺えるだけで、ちょっとした変化にも気づいてあげられやすくなります。

そして、一階だけでなく二階にも家族で集えるファミリースペースを設けたのです。このファミリースペースはリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられています。家族が一階と二階で別々の空間で過ごしていても吹き抜けを通して家族の一体感を感じられるのです。このファミリースペースは6帖の広さを設けました。このホールを中心に各部屋へ行き来できるようになっているので、二階でも家族が顔を合わせる機会が増えるのです。ホールにはカウンターを設けているので、子ども達が勉強したり、旦那さんが書斎スペースとして利用したりと個人の時間を過ごしたり、親子で過ごすセカンドリビングとしても利用できます。家族で過ごす時間をいつまでも大切にできる家にしたいものです。

素材にこだわった家造り

近年住宅の高気密・高断熱化が進んでいます。新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材も多く出回っています。その結果、室内空気が化学物質などに汚染され、そこに住む人の健康に悪影響を与えてしまうことも少なくありません。せっかく購入した住宅が、家族の健康を損なってしまうような家では意味がありません。家族が健康で安心して暮らせるように素材にこだわった家造りをしました。

そこでまず取り入れたのが、地元の杉をふんだんに使用した無垢材に囲まれた家です。柱、床、階段にいたるまで無垢材を使用することで木の本来の温もりや木目の美しさを実感できます。床は肌が直接触れる部分でもあるので触感を大事にしたいものです。合板フローリングだと夏はペタッと張り付いたような感触で、冬は冷たくて裸足で歩くことができません。しかし無垢材の床であれば夏はサラサラした肌触りで、冬はほのかに温かみさえ感じられるほどなので一年を通して裸足で過ごしたくなるのです。あえて塗装をせずに木の香りを楽しめるようにもしました。

そして壁には漆喰を取り入れました。漆喰は調湿効果に優れています。室内の水分が多いと吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれます。一年を通して室内の環境を快適に導いてくれるのです。梅雨時期など外はじめじめしていても、室内へ一歩足を踏み入れるとカラッと心地よい空間が広がるのです。また人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着する効果もあるため、そこで住む人の健康をしっかりと守ることができるのです。素材にこだわり健康で快適な住まいを目指したいものです。

家事コーナー

女性目線で家造りを行う家庭が増えてきました。女性は家事に育児、それに加え外で仕事をしている人も多いです。中でも家事には365日休みがありません。高齢になった時でも続く家事は、できるだけ負担やストレスを感じることなく、効率良く行えるようにしておきたいものです。家事を日々行う女性ならではの視点なしには、最高の住宅は完成しないのかもしれません。

そこで最近多く取り入れられつつあるのが、家事コーナーです。この家事コーナーでは、洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまうという作業が同じ空間でできるため家事の効率を高められるのです。家事の効率が高まることで、家事の時短が可能となり、自分の時間を大切にできたり、子どもとの時間を増やしてあげることができるのです。

ここには室内用の洗濯物干し場を完備します。毎日行う洗濯は、屋外に干せない日というのも当然あります。悪天候時や外出して帰宅が遅くなる時、夜洗濯を行う時などこの室内用の洗濯物干し場が役立つのです。ここに干した洗濯物をたためるようにカウンターを設けておきます。カウンターがあれば洗濯物をたたむだけでなく、アイロンがけや裁縫を行うにも重宝します。

そしてここに家族の衣類を管理できるようファミリークローゼットを設けておけば、たたんだ洗濯物をその場でしまうことができるのです。家事を集中して行えるこの家事コーナーがあることで家事の効率を高められ、負担なくスムーズに家事を行えるようになるのです。主婦の憧れの家事コーナーはこれから益々需要が高まりそうです。

LDKにメリハリを

最近ではLDKの一体感を高めた造りが多く取り入れられています。今までは壁や建具でリビングとダイニングの間を区切ったり、キッチンに吊り戸棚を設けたりしていました。空間を細かく分けて利用することが多かったのですが、最近ではそれらの境にある壁や建具を取り除き、できるだけ一体感を高めた開放的な空間が求められるようになっています。一体感を高めることでより広さや明るさ、そして開放感を感じられます。また見通しがよくなるため家事と育児の両立も行いやすくなるのです。

しかし一体感を高めるあまりに、空間が間延びしてしまったり、空間のメリハリが損なわれてしまうこともあります。そこでLDKの一体感はそのままにそれぞれの空間を緩やかにゾーニングするとLDKにメリハリがうまれるのです。空間にメリハリがつくことで生活にもメリハリがつきやすくなります。そこで我が家はリビングとダイニングの境に木の面格子を設けました。壁で区切るのとは違い、奥の空間に視線が届くので圧迫感を感じません。視線を緩やかにカットしながらも明るさをしっかり通してくれるので、リビングとダイニングの繋がりも感じながら、食事をする場所とくつろぐ場所を区切ることができるのです。

この木の面格子がLDKのアクセントにもなっておりインテリア性にも高まっています。私の友人宅はリビングをダウンフロアにして空間を緩やかに区切っていました。リビングは家族が長時間過ごす大事な空間です。そこをダウンフロアにすればより広々と開放感が増し、居心地の良さも高まります。このように空間にメリハリをつけ、それぞれの居心地の良さをより高めるのもいいのではないでしょうか。

シューズクロークを充実させよう

玄関の横にシューズクロークを設けることが最近では当たり前のようになってきました。我が家は玄関スペースと同じ広さのシューズクロークを設けたほどです。シューズクロークを充実させることで玄関周りのものをスッキリと収納させることができ、玄関に靴や物が散らからずスッキリとした玄関が広がるのです。

シューズクロークには靴や傘を収納するのはもちろんのこと、外で使用する子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用品にゴルフ用品、アウトドア用品まで収納しておくと、便利です。それだけではなく、着ている上着を一時置きできるようにコートクロークを設ければ、リビングに上着が散らかることもなくなるのです。

私の友人宅にはシューズクローク内に手洗いスペースが設けられていました。帰宅して手洗い・うがいを行う習慣が身に付きやすく、また汚い手で室内を汚す心配もなくなります。我が家はシューズクロークの動線に注目しました。シューズクロークから室内へ入れるように動線を確保することで、お客様用のメインの玄関を、シューズクローク側の家族用玄関と動線を分けることができるのです。

このように動線を分けることでメインの玄関部分に靴や物が散らかりにくくなり、スッキリと美しい玄関を保てるのです。また室内へのスムーズな動線を確保することで旦那さんや子ども達まで靴や物をちゃんとシューズクローク内に片付け室内へ入るようになりました。このような習慣を身に付けるためにもシューズクロークの動線にこだわってみるのもいいと思います。